2016年08月30日

栄養士・健康支援者のための身だしなみセミナーに参加。

食コーチングプログラムス主催の
栄養士・健康支援者のための身だしなみセミナーに
参加させていただきました。
今回は、久しぶりの講義形式。

課題に、
「これでキメたい! この秋のジャケット。
 バッグまで含めて」
をいただき、頭を悩ませながら
ジャケット、インナー、ストッキング、
靴、カバン、アクセサリーを
選んで参加しました。
参加者それぞれのコーディネートに、
影山なお子先生から、
細かいアドバイスをちょうだいしました。
年齢、体型、雰囲気が違う参加者なので、
アドバイスをお聞きするのも
とても勉強になります。

今回、身だしなみセミナーの
ベーシック入門ということで、
ジャケットとワンピースについて、
基礎からお教えいただきました。
ジャケットは、着慣れないと
堅苦しく感じたり、
張り切った感じになったりします。
なるべく、ふだんから着るようにすることで、
着こなすことができるとのこと。

私も影山なお子先生主催の
健康支援者サークル「パルマローザ」や、
食コーチングプログラムスのセミナーで
学ばせていただくようになってから、
ジャケットを着る機会は増えましたが
まだまだ「さあ、ジャケットを着よう」という感じ。
さりげなく、着こなせるように
着る機会を増やしていこうと思います。

身だしなみセミナ−201608.jpg
posted by danran at 00:47| Comment(2) | スキルアップ

2016年08月18日

学童クラブで夏休み親子クッキング。

今月は、夏休みということで、
学童クラブの食育タイムは、
親子クッキングを開催。

作ったおやつは、「チョコまん」。
ホットケーキミックスと牛乳とサラダ油で
生地を作り、板チョコを包んで蒸します。

小さな手で、生地を作り、チョコを包む姿が
とてもかわいい。
一生懸命包んでいるうちに、
チョコが溶けてきて、生地にチョコが混ざりました。

「包んだあとどうするの?」という質問に、
「あとは、蒸してできあがり」と答えると、
「蒸して?」と蒸すということがわからない様子。
そこで、実際に蒸し器を見せて、
「蒸す」という調理方法を伝えました。

「おいしい」と言って、
自分で作ったチョコまんを
食べる子どもたち。
チョコまんと一緒に「蒸す」ということを
覚えてもらえた食育タイムでした。

学童チョコまん01.jpg学童チョコまん02.jpg学童チョコまん03.jpg学童チョコまん04.jpg
posted by danran at 06:19| Comment(0) | 食育